米戦闘機グラマン10機監視のもと迎撃戦闘に向かう様にとびあがつた。

米戦闘機グラマン10機監視のもと迎撃戦闘に向かう様にとびあがつた。

8月15日戦争は終った。特に筑波海軍航空隊の戦闘機搭乗員は、整然と指令に従つた。8月24日最後の飛行が許され稼働機が大阪.姫路を回り鶉野上空で納め飛行を行い、日の丸飛行隊の姿はその日から消えた。 すべての飛行機はプロペラが外され滑走路に並べて米軍の指示をまつた10月23日、アメリカ軍が進駐してきた。石本*安井特務大尉に対応が引き継がれ米軍の管理となり3ケ月放置された紫電は日の丸が星のマークに書き換えられ米戦闘機グラマン10機監視のもと迎撃戦闘に向かう様にとびあがつた。これこそ鶉野飛行場より離陸した最後の飛行機だつた。残されたものは皆焼処分となり飛行場の歴史は終わつた。 http://www.nicovideo.jp/watch/sm1195291

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1002223

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック