インタビュー サイバー法学者 ローレンス・レッシグ 1/3

インタビュー サイバー法学者 ローレンス・レッシグ 1/3

○インタビュー構成:1.コモンズの概念とイノベーションとの関係 2.過去と現在の創造性の相互関係 3.テクノロジーとアートにおけるイノベーションの差異 4.同人誌的な文化 5.創造性を抑圧するもの/コモンズの利点 6.著作権の役割 7.自由、または自由な社会について  →2/3: sm1107063   ○ローレンス・レッシグ・・・スタンフォード大学ロースクール教授。サイバー法関連の専門家で、公共圏のバランス復古を求めるべく数多くの法廷で弁論。 レッシグ氏講演の模様→ sm1416837    (C)NTT Inter Communication Center + Lawrence LESSIG  この動画はCreative Commons:表示-非営利-継承ライセンス2.1JP( http://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.1/jp/ )によって規定されています。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1104265

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック