ザンビア大統領選、野党党首が勝利 親中へ

ザンビア大統領選、野党党首が勝利 親中へ

 アフリカ、ザンビアの大統領選で、野党候補が現職を破りました。野党候補は、豊富な銅を目当てに進出してくる中国に批判的な姿勢で知られていましたが、選挙ではトーンダウンしていました。 新しくザンビアの大統領に選ばれたのは、野党、愛国戦線を率いるマイケル・サタ氏(74)です。敗れた現職のルピア・バンダ氏は、国民に選挙結果を受け入れるよう求めました。 舌鋒の鋭さから「キング・コブラ」のあだ名を持つサタ氏は、豊富な産出量を誇る銅を目当てに進出してくる中国企業が「ザンビア人を劣悪な環境で働かせている」と批判するなど、反中国の姿勢で知られ、それが人気の一因にもなっていましたが、ロイター通信などによりますと、今回の選挙ではトーンダウンさせていました。・・・

http://www.nicovideo.jp/watch/sm15696524

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック