西武鉄道10000系VVVF車(10112F) 横瀬駅発車~芦ヶ久保駅通過

西武鉄道10000系VVVF車(10112F) 横瀬駅発車~芦ヶ久保駅通過

西武鉄道10000系『NRA:ニューレッドアロー』VVVF車(10112F)の秩父線 横瀬駅発車~芦ヶ久保駅通過の一部始終です。西武10000系は池袋・秩父線特急に使われてきた5000系初代レッドアローの老朽置き換え及び新宿線への特急運転拡大のために1993~2003年に掛け、合計84両­が投入された特急用車両で、客席の設置間隔拡大等で減少してしまった乗車定員を稼ぐため、5000系と比べ1両増車の7両貫通固定編成となっています。このうち大半を占める1993~1995年製の10101F~10111Fは5000系を含む廃車発生品流用による抵抗制御車ではあるものの、2003年製の10112Fは20000系ベースのVVVFインバーター制御となり騒音は軽減されました。ただ、VVVF車は7連1本鑿の存在しないレア車でもあります

http://www.nicovideo.jp/watch/sm16258339

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック