味の素と東レが共同研究 新素材ナイロン実用化へ

味の素と東レが共同研究 新素材ナイロン実用化へ

 食品業界大手の「味の素」と繊維メーカー大手の「東レ」が、それぞれの得意技術を生かして植物原料を用いたナイロンの実用化に向け、共同研究を行うことになりました。 石油原料の代わりにサトウキビなどで作られるバイオベースナイロンは、環境にやさしいだけではなく、従来のナイロンよりも吸湿性があります。綿に近い肌触りということで、ストッキングなどの衣料品分野での展開が期待されています。新たな素材として注目されそうなこのナイロンは、早ければ再来年にも実用化される見通しです。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm16967352

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック