Alive in Joburg

Alive in Joburg

1990年、ヨハネスブルグは宇宙難民の居住地となった。全長1Kmに及ぶ彼らの宇宙船はヨハネスブルグの上空に浮遊している。訪問者達が現れた当初、人類はバイオスーツを初めとした彼らの高度な技術に魅了され、恐らくは非武装で彼らを歓迎した。しかしながら、次第に彼らは街の居住地を抜け出し、生存のために犯罪に手を染め、次第に警察と衝突するようになった…。監督のニール・ブロムカンプは、この作品が契機となって映画版ヘイローの監督のオファーを受けたといわれている。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm212091

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

PC版サイトを見る機能をオンにする方法が分からない人はここをタップ

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック