ペガサス橋の戦い

ペガサス橋の戦い

連合軍のノルマンディー上陸に先駆け、上陸支援とカーンへの橋頭保確保、及びオルヌ川を越えてくるドイツ軍機甲部隊阻止のため、メルヴィル砲台の破壊、カーン運河に架かるベヌーヴィル橋(後にペガサス橋と改称)とオルヌ川のランヴィル橋(ホルサ橋)を無傷占領するトンガ作戦が実施された。二つの橋の制圧を託された英第6空挺師団のジョン・ハワード少佐とそのグライダー中隊は、6月5日の夜半から6日にかけ、夜陰に乗じて強行着陸するが・・。(画質がやや暗く、音も小さいかも)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm29677755

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック