【ゆっくり】TVアニメ『Fairy gone』がよくわかる話3【歴史編】

【ゆっくり】TVアニメ『Fairy gone』がよくわかる話3【歴史編】

肩を怒らせ口笛を吹きながら一人弾丸の雨の中を歩きたくなる『Fairy gone』を応援する動画です。とりあえず第1クール分の解説は今回までとさせていただきます。妖精編、地理編、歴史編と作ってきましたが、これらの情報は第1話を見る前に知っておきたかった情報です。公式が『ふぇありーんごー』あたりでやってくれるかなと期待していたのですが……。僕にとって「好き」という感情は「良い部分も悪い部分も受け止められる」ものなので動画中に「どこどこが悪い」といったたぐいのことを平気で言います。共感してもらう必要はないのですがネガキャンしてるわけではないということだけ理解してください。Q:フラタニルって強いんですか?A:おそらく唯一盾がついている妖精武器です。この盾に「妖精の攻撃を防げる」という能力がついているなら化けます。つまりアッシュクラッドの熱線や列車さえも吹き飛ばすアイゼンコップの体当たりさえもカキーンって防御できるってことです。妖精の強みである防御不能な超常攻撃を無効化できるなら対妖精武器として強いと言えます。それにシールドバッシュをすれば防御だけでなく攻撃にも使えます。刃がダガーのように小さいので武器習熟より体術で取り回したほうがいいでしょう。つまりシュヴァルツおじさんの訓練は間違ってます。ヴェロニカと相性がいいんじゃないかな? sm35246748 【地理編】<前 次>【人物編】 sm35784744 公式サイト> https://fairygone.com/#index もうすさん ukkariさん 六角 レンチ さん かりんとうの妖精さん 広告ありがとうございます。米返しおっさんの書き分けはできてるけど「見分ける」のは視聴者なので。つまり僕が悪いんです(´・ω・`)ブロマガ>ar1784147コメント返ししました。>ar1802550

http://www.nicovideo.jp/watch/sm35301455

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック