エイチ・アイ・エス、ユニゾHDにTOB実施へ

エイチ・アイ・エス、ユニゾHDにTOB実施へ

 国内旅行大手エイチ・アイ・エスは、ホテル事業を展開するユニゾホールディングスに対し、TOB=株式の公開買い付けを実施すると発表しました。 エイチ・アイ・エスが株式の公開買い付けを実施するのは、国内でビジネスホテルを運営するユニゾホールディングスです。およそ427億円をかけて、株式の保有比率を最大45%に引き上げることを目指すということで、成立すれば株主総会で重要な決議事項への「拒否権」を握ることになります。 エイチ・アイ・エスは現在、ロボットが接客を行う“変なホテル”などホテル事業に力を入れていて、ユニゾ側が持つホテル事業のノウハウを共用したい考えです。現在、建設を計画しているものまで合わせると、両社が運営するホテルの数は92棟と国内の事業者としては9番目の規模となるため、規模拡大により競争力を強化する狙いもあります。 ただ、ユニゾ側はこれまでのところ話し合いに応じていないということで、今後、敵対的TOBに発展する可能性があります。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm35385169

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック