天皇即位式に李洛淵首相が出席...安倍首相との会談も行う

天皇即位式に李洛淵首相が出席...安倍首相との会談も行う

日本と対話をしているというポーズを世界に注目して見て貰える「チャンス」としか思ってなさそうです。何の権限も無い韓国の首相と約束しても・・・反故にされるだけw こんな人物との会談予定時間に10分も必要なのかな?[アンカー]徳仁天皇の即位式に私たちの政府代表に李洛淵首相が出席していることが確定しました。訪日期間安倍晋三首相との会談を持つ可能性が大きく、日韓関係改善の変曲点になるか注目されます。イジェドン記者です。[記者] イ・ナギョン首相が22日徳仁天皇即位式に政府代表の資格で参加します。訪日期間は三日。代表的知日派として挙げられるが首相は、この期間、日本政財界要人と面談し、両国関係の改善に焦点を当てる予定です。訪日翌日には安倍首相が主催するパーティに出席します。自然安倍首相に会って韓日関係と関連した話があります。ただし桁の特性上、深みのある会話は難しいだけに、政府は、この首相と安倍首相の単独会談を推進しています。会談が行われれば、昨年の最高裁強制徴用賠償判決後1年ぶりに韓日最高位級対話がなされるようになります。日本の輸出規制措置、支所迷子終了など、両国の主要懸案についての議論が行われることがあります。[イ・ナギョン/首相] "消迷子が終了する11月23日までの3ヶ月近く残りました。その期間に打開策を見つける、日本政府が韓国にとった不当な措置を原状回復して、我々は、消迷子終了を再検討することができるとと思います。」ただし葛藤の根本的な原因である強制徴用賠償解決策をめぐり、日本が態度の変化を見ていないように不器用な楽観は警戒しなければならないという声も出てきます青瓦台の関係者は、「天皇の即位式に首相が行くのは会話のレベルや幅を向上させることができる点で意味があるが、結果を期待することができるか言うのは早い」と述べた。当初ムン・ジェイン大統領の天皇即位式に出席が検討されたが終了霧散されたのも、このような慎重論に重量が載ったためと分析されます。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm35828130

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック