【現地映像】競馬場からひっそりと姿を消す競走馬たち 2月23日のレースから10ヶ月後の現状

【現地映像】競馬場からひっそりと姿を消す競走馬たち 2月23日のレースから10ヶ月後の現状

ここ最近では競走馬は一年に7000頭近く生産されていますが、そのほとんどは寿命を全うすることなく処分されます。種牡馬や繁殖牝馬として引退後に過ごせる馬はごくわずか。映像は2月23日にパドックを撮影したものですが、10ヶ月後に彼らがどうなっているのか調べてみました。出走馬はシャイントレイル、プリンセスルーラー、エレクトロニカ、パフォーム、エリンズロマーネ、キャンディストーム、アリストライン、ウォーブル、アントルシャ、プリンセスアール、ジスモンダ、ルタンメルヴェイユです。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm36049578

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック