【CoCリプレイ】遥か幽き苑の王/ノゾミ・カナエ・タマエ Part-7(最終回)

【CoCリプレイ】遥か幽き苑の王/ノゾミ・カナエ・タマエ Part-7(最終回)

というわけで、ひとつめのセッションの最終回です。マジ初投稿で全編試行錯誤の過程でしたが、お楽しみ頂けたなら幸いです。《追記》最後に表示される紋章、別の画像と取り違えてたことに気付かないまま上げてしまいました やっちゃったぜ!とはいえここで表示される理屈がつかないわけではないので(当初の意図とは違っちゃったけど)、2話のラスト解説でどういうことか言おうと思います(2話中で明確に説明するのはもう不可能なのであんまり気にしないでください!!)あと1:50頃のダイス目、燕と丁の表示を取り違えてました(全然失敗してないじゃん)本当は燕が55で丁が42です アーン一日明けてからどんどんミスが見つかる前回: https://www.nicovideo.jp/watch/sm36835003 次回:もう先はないよ(第2セッションは制作の下準備にもうしばらくかかります)リスト: https://www.nicovideo.jp/mylist/67563158 ・せっかくなのでどうでもいい話1「ファンタジーRPGの主人公ってどんなSAN値減りそうな相手にもガンガンいこうぜするけど、逆にホラーやってたと思ったら最後の最後に情緒も何もなく怪物が『グワハハハこの程度で俺が封印されると思ったかーッ!』『くっ! やはり戦うしかないか! いくぞみんな!』『おうっ!』とか言って全員武器を構えはじめたら超面白いな」っていう発想がこのシナリオの発端であり、あとは全部そこから『そんな展開でも不自然にならないような舞台設定と、段階的にリアリティレベルを下げることでPLの感覚をマヒさせる』ことに注力してプロットを設計しました・どうでもいい話2演出面で今回明確に意識しているのはJUDGE EYES、Missing、3×3EYES、スタートレック(ボーグ)、コワすぎ!、あとドラゴンクエスト全般(アスフェルド学園の最後の方の展開とかかなり引っ張ってきてる)あとa flood of circleの「Miss X DAY」っていう曲の歌詞とか検索してみるとめちゃめちゃわかりを得られると思います

http://www.nicovideo.jp/watch/sm36872253

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック