犬2匹がアメリカ軍に完全勝利した実話・キスカ島撤退作戦【ゆっくり面白雑学解説】

犬2匹がアメリカ軍に完全勝利した実話・キスカ島撤退作戦【ゆっくり面白雑学解説】

1943年8月 キスカ島太平洋戦争中にリアルに起きた「犬2匹 VS アメリカ軍35,000人」。普通なら記録にも残らない圧倒的な戦力差だが・・・撤退、激戦、謀略、絶望。そして犬2匹の完全勝利。硫黄島の戦いでは22,000人の日本軍 VS 110,000人のアメリカ軍にも関わらず、日本軍は戦死18,000人。犬、すげぇ。日本軍のキスカ島撤退作戦時にあった伝説の戦いを元に、犬・日本軍・アメリカ軍がそれぞれの目線でゆっくり解説するフィクション動画です。【事実は小説より奇なり】このチャンネルでは世界で実際に起きたありえない事件、ありえない人物、ありえない現象、ありえない生物をゆっくり解説していきます。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm39335045

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック