人に近い、しなやかな動きの「子供型ロボット」開発

人に近い、しなやかな動きの「子供型ロボット」開発

高感度の触覚センサーをつないだ人工皮膚や多数の関節を使い、人間に近いしなやかな動きをする子ども型ロボット「CB2」を独立行政法人科学技術振興機構の研究グループが開発し、大阪大で1日公開した。今後、CB2を使って赤ちゃんの発達過程を調べるという。身長約130センチ、体重約33キロ。全身51カ所のシリンダーを空気で動かして関節や筋肉の柔軟な動きを実現した。シリコーン樹脂の柔らかな皮膚の約200カ所に触覚センサーを持ち、カメラ(視覚)、マイク(聴覚)や人工声帯も内蔵している。泣き声はウェッウェッ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm398758

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示