ホンダ シビック タイプR EK9 CM

ホンダ シビック タイプR EK9 CM

B16B 98spec Rと呼ばれるシビック・タイプR用ユニットはヘッドポート研磨、高剛性のカム、バランス取りを施したクランク高圧縮ピストン、軽量バルブなどといったタイプR流の手法でチューニングされ1.6リッターから185psを絞り出している。6000rpm前後でVTECが高回転側に切り替わるとメカニカル・サウンドが一気に高まりアッという間に8500rpmのレブリミットまで到達する。その絶対的速さ、レスポンスはまさにN1レーシングカーのごときだ。エンジンの性能、それに官能性の高さ。こんなに楽しく、気持ちよく速く走れるテンロク・スポーツはちょっと他には見あたらないほどだ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm415220

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック