第61回選抜高校野球大会決勝 上宮vs東邦

第61回選抜高校野球大会決勝 上宮vs東邦

1989年のセンバツの決勝10回裏、2-1で上宮リード2死1、2塁という局面です。当時の上宮は種田仁や元木大介を擁する大型チームでした。この高校野球史に残る結末をどうぞ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm436794

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック

上のリンクの動画でもパソコンで再生が出来ない場合はここをクリック

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示