織田祐二『椿三十郎』脚本は三船敏郎主演版と同じ

織田祐二『椿三十郎』脚本は三船敏郎主演版と同じ

出始め10分間の人間関係が整理できないと、何がなんだか、あっという間に汚職事件の概要がわからなくなってしまいます。『椿三十郎』といえば“決闘シーンの血”や“三十人切りの音”ばかりが話題にされますが、真に面白いのは三十郎の人柄です!現場主義、実践主義の人!情報分析抜群で、新たな危機に斬新な対応策を次々と提案、即実行してしまう理想の上司なのでした。(だから織田裕二さんが抜擢されたのか?)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm446868

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック