【オライオン(オリオン)計画:核パルス推進ロケット】

【オライオン(オリオン)計画:核パルス推進ロケット】

この「核分裂パルス推進システム」自体は、ロス・アラモス国立研究所で水爆を発明したスタニスワフ・マルチン・ウラム(Stanistaw Marcin Ulam)とコーネリアス・エヴァレットが1955年に論文にて最初に提案したものである。フリーマン・ダイソン(Freeman John Dyson)も最初からかかわっていた『オライオン(オリオン)計画』が挫折してしまった真の原因は、1963年にモスクワで署名された「部分核実験停止条約」の成立である。 sm1956872 も視聴してみてください。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm493101

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック