J.S.バッハ トッカータとフーガ ニ短調 BWV565

J.S.バッハ トッカータとフーガ ニ短調 BWV565

巨匠カール・リヒターの演奏にて。 古楽ブーム以降、チェロのパブロ・カザルス、チェンバロのワンダ・ランドフスカと同じく大時代的で19世紀浪漫派的演奏と批判されることもあるリヒターの様式だが、去勢されたような素っ気ない音楽よりは血の通ったバッハもいいものだ。 曲の構造は sm366632 を観れば視覚的によくわかる。 バッハ動画リストは mylist/1211471

http://www.nicovideo.jp/watch/sm545380

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック