「大東亜戦争開戦の真実」4-1(H18.12.6)

「大東亜戦争開戦の真実」4-1(H18.12.6)

ダグラス・マッカーサーが戦後、大東亜戦争について「彼ら(日本)が戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのこと」と発言(1951年5月3日、米上院軍事外交合同委員会)ルーズベルト大統領の補佐官でシナ問題について独占的に助言していたラフリン・カリーはソ連のスパイであった 4-2→ sm730364

http://www.nicovideo.jp/watch/sm730229

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

PC版サイトを見る機能をオンにする方法が分からない人はここをタップ

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック