日本航空123便墜落事故フライトシミュレート(機外視点)

日本航空123便墜落事故フライトシミュレート(機外視点)

日本航空123便墜落事故は、1985年8月12日18時56分に、日本航空123便、東京(羽田)発大阪(伊丹)行、ボーイング747SR-46が、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(御巣鷹の尾根)に墜落した事故 http://www.flightinfo.jp/jal123forever/ JAL123便の約32分間の軌跡をMicrosoft Flight Simulator 2004で再現 凡例  CAP-機長 COP-副操縦士 F/E-航空機関士 STW-客室乗務員 ACC-東京航空交通管制部      APC-東京進入管制所 YOK-横田進入管制所 COM-社内無線 PUP-チーフパーサ PRA-自動音声

http://www.nicovideo.jp/watch/sm767078

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

PC版サイトを見る機能をオンにする方法が分からない人はここをタップ

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック