愛・地球博(愛知万博) 森の自然教室(南の森)の水のあずま屋

愛・地球博(愛知万博) 森の自然教室(南の森)の水のあずま屋

13世紀(鎌倉時代)に築かれた釜跡のそばに、水のあずま屋があります。山に降り注いだ雨が私たちの暮らしを支え、海へと注ぎます。そんな森の中での存在・流れを表現。水がしみこみしたたる様子を土屋根や水琴球で表現。土屋根に染み込んだ雨が少しずつ水滴になって滴り落ち、水琴球の中で反響して水音を響かせます。ひしゃくで砂利に水をかけても響きます。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm887441

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック

上のリンクの動画でもパソコンで再生が出来ない場合はここをクリック

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示