メジャー奪三振率トップのベダード その1

メジャー奪三振率トップのベダード その1

ま   が  る よ Érik Bédard エリック・ベダード 2002年メジャー昇格も13.50という防御率を記録し、あえなくマイナー落ち。2004年にメジャーに再昇格し2006年に15勝とブレイクした。2007年は防御率・奪三振・勝数もシーズンベストのペースであった(奪三振数はメジャーの投手全体で独走状態)が9月初めに外腹斜筋の損傷が判明しシーズンを終え、タイトルを逃した。持ち球はストレート、スラーブ、チェンジアップ。オリオールズ(2002,2004~2007) マリナーズ(2008~) WBCカナダ代表 日米野球2006MLB選抜カナダ出身 185㎝86㎏ 28歳    その2は sm903317  ( ゚∀゚ )MLB投稿集 mylist/2021832  08/2/9追記:マリナーズ移籍決定 sm2314661 ベダード「イチローに初球ホームランされる心配はなくなった」

http://www.nicovideo.jp/watch/sm894757

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

PC版サイトを見る機能をオンにする方法が分からない人はここをタップ

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック