鈴木のおじさん(インチ鬼大王)に似ているサルバドール・ダリ

鈴木のおじさん(インチ鬼大王)に似ているサルバドール・ダリ

ドテラマンを全話と第11話の絵画を見て急にドテラマンの本放送時に興味を持ち始めたダリを思い出しました。ダリはスペインのシュールレアリズムを代表する画家で、代表作は第11話にも出てきた「時間の固執」という作品です。そこでドテラマンはグニャリと曲がった時計をドッツ鬼に投げるシーンがあります。ダリのトレードマークはとても長いヒゲであり、鈴木のおじさんのトレードマークの長い鼻毛を連想させます。また奇行を振舞うところや愛妻家である事も同じで、案外鈴木のおじさんのルーツかもしれません(笑)もし家族思いで子ども好き(彼自体子どもはできなかった)でもあり奇妙好きであるダリがドテラマンの世界に入り込んできたら、舞台の八本木の街はもっとハチャメチャになっていたでしょうね(笑)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm910579

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

PC版サイトを見る機能をオンにする方法が分からない人はここをタップ

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック