1989年 日本GPダイジェスト

1989年 日本GPダイジェスト

F1総集編より 47周目のシケインでのセナ、プロの接触はあまりにも有名な話。1位=(当時は9pt)かリタイヤか、成績がはっきりしていたセナとプロストの堅実なポイントの取り方が印象的。この年まで、チャンピオンシップポイントは上位11戦で算出される方式だった。プロストのスタートのフライングのお咎めなしは有名な逸話。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm931092

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック