School Days ED 「我が子へ」

School Days ED 「我が子へ」

説明補足: 誠の優柔不断さが極まり、言葉・世界・誠が三角関係となり、誠は言葉の「自分を一番に愛してくれるなら、例え世界を抱いても構わない」という言葉に甘え、二人を抱き続ける毎日を送り続ける。或る日、言葉に頼まれたとはいえ、誠がH中に世界の罵詈雑言を話しているのを世界が聞いてしまい、彼女は学校を退学し、そのまま失踪してしまう。後に誠は言葉を妊娠させた責任を取って彼女と婚約して幸せな時を過ごす。その後のお話。ウィキペディアより抜粋。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm942235

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

PC版サイトを見る機能をオンにする方法が分からない人はここをタップ

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック