School Days ED 「二人の恋人」

School Days ED 「二人の恋人」

説明補足: 誠の優柔不断さが極まり、言葉、世界、誠が三角関係となり、誠は言葉の「自分を一番に愛してくれるなら、例え世界を抱いても構わない」という言葉に甘え、二人を抱き続ける毎日を送り続ける。当初世界は誠のハーレムに反対していたが、受け入れない限りは誠は言葉を選んでしまう為、彼女も誠を奪われたくない想いから3Pを受け入れ、誠が世界と言葉を二人平等に愛してくれることを条件に世界が折れる形で、言葉と世界は互いに誠との関係を認め合って仲直りし、誠のハーレムが成立。その後のお話。ウィキペディアより抜粋。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm942688

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

PC版サイトを見る機能をオンにする方法が分からない人はここをタップ

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック