これまでに保存された最も小さい獣歯類の化石、遼寧省で発見

これまでに保存された最も小さい獣歯類の化石、遼寧省で発見

中国東北部遼寧省の中国と海外の古生物学共同チームは最近、1億6400万年前の哺乳形類種の祖先の化石を発見し、複雑な舌骨を発見したと発表した。  この発見に関する論文は19日に全米科学振興協会(AAAS)が発行する、世界を代表する科学週刊誌サイエンス誌に掲載され、「進化と機能の観点から貢献的だ」と同チームの調査結果についてコメントされた。  新しく発見された小さな柱状獣歯類の化石は、体の長さが約14.7センチ、体重が約5〜9グラムで、中国でこれまでに発見された最も小さい獣歯類の化石となっている。

http://www.nicovideo.jp/watch/so35432666

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック