メジロマッQueen

メジロマッQueen

腹の底を殴りつけるような大歓声が会場に響き渡っている。肌を突き刺す音圧が、純粋な声だけで起きていた。思わず耳が動いてしまいそうなほどの歓声の中、人の波をかき分けながら進んでいく。「相変わらず凄い人の数ですわ!」今日という日を誰もが楽しみにしていた。この賑わいも当然といえば当然だった。「ここからならよく見えますわ」会場の盛り上がりを味わいながら自分の席へたどり着いた。最高のポジションで見るために、死に物狂いで確保した特等席だ。「確かこの中に・・・ああ、ありましたわ!」席に着いたらすぐさま準備に取り掛かる。カバンから取り出したのは自作のメガホンとタオルだ。この日のために用意した特別なもの。販売されているグッズでもよかったが、どうしても手作りしたもので応援がしたかったのだ。はっきりいって出来が良いとは言えない。しかし、丁寧に作られたであろうそれは、どの応援グッズよりも想いが込められているのは間違いなかった。「これで応援すれば、きっと勝ってくれますわ」さらに想いを込めるように握りしめる。直接力になれずとも、勝利を願えばきっと力になるはずだ。「来ましたわ!」そうこうしているうちに芝の上に続々と選手が集まり始めた。ひときわ色めき立つ歓声。気温以上の熱気が会場を包み込んでいく。もうすぐ始まる。2連覇の期待に潰れてしまわないか、今更心配になってきた。いや、きっとやってくれるはずだ。これまでがそうだったように。メガホンを口に当てる。そのままタオルを頭上に掲げて、誰よりも大きな声で声援を送った。「かっ飛ばせ―!メジロマックイーンッ!」春の天皇賞。淀の舞台に大阪のおっちゃんの声が響き渡った。雑コラドカベンFull→ sm38648887

http://www.nicovideo.jp/watch/sm38863871

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック