ピアノ協奏曲(シェーンベルク)

ピアノ協奏曲(シェーンベルク)

12音技法と表現主義の傑作。ようつべに抜粋があった。シェーンベルクは、十二音技法こそバッハ(「矛盾した言い方だが、バッハこそ最初の十二音作曲家である」)に端を発する音楽史の発展の論理的な、そして不可避な帰結であると述べ、こうした見解によって、この技法の理論的よりどころを得ようとした。とは言え、シェーンベルクにとっては音楽を作るということ、自己を表現するということのみが重要であり、その際必要とされる技法は、理念を伝えるための手段、変更可能な手段にすぎなかった。(エーベルハルト・フライターク『シェーンベルク』)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm115230

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック