DS版『FFIV』時田貴司×植松伸夫"大いに愛を語る”

DS版『FFIV』時田貴司×植松伸夫

FINAL FANTASYシリーズにとってプラットフォームをスーパーファミコンに移した第1作目「FINAL FATASY IV」(1991年発売)に収録された楽曲。作曲は植松伸夫氏が担当した。「愛のテーマ」は、シナリオ冒頭での主人公“セシル”とヒロイン“ローザ”との別れのシーン等に使われた劇中音楽。当時はハードのスペックから、“声”を入れるなど到底不可能な事と誰しもが考えていたが、当時からヴォーカル楽曲への展開は視野にあったと作曲した本人は語っている。DS版トレーラー→ sm377062  時田貴司×植松伸夫インタビュー→ sm563971 今回任天堂DSへの移植にともなうリメイク版制作で、ヴォーカルが加わる事によって「愛のテーマ」は本当の姿を現すことになるのであろう。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm564322

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック