1992年 ブラジルGPダイジェスト

1992年 ブラジルGPダイジェスト

この年、伝説となるモナコGPがあるが、その2戦前では実はホンダエンジンは散々たる性能だった・・・。マクラーレンがセミオートマ+フライバイワイヤーホンダエンジンがニューマチックバルブ=エアバルブを初めて搭載したMP4/7Aを登場させるが、エンジンが息つきを起こしリタイアとなる。セナがホンダよ。もっと頑張れとテレビを使って批判するシーンが印象的

http://www.nicovideo.jp/watch/sm914934

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック