FISCO 太田哲也選手、奇蹟の生還 フェラーリ

FISCO 太田哲也選手、奇蹟の生還 フェラーリ

Ferrariクラッシュ。以下は「Tipo」98年7月号から抜粋。  …レスキュー体制の甘さ。とにかく遅い。フェラーリが砂子選手のポルシェに衝突、爆発炎上した瞬間から5回転スピン、19秒後にアウト側に停止。その2秒後に山路のRX7がクルマを停め、消火間始。ここまでで47秒。その18秒後にフェラーリはほぼ消火、山路は車内にいた太田を引っぱり出そうとする。5秒後にレスキューカーRX7が到着。この時まで、山路以外の人間は確認できない。衝突炎上から太田の頭部が車室外に出て外気に触れるまで1分24秒。レスキュー力-の人物は車内の無線で交信を始め、その後20秒以上救命の行動をとっていない。これが”救急体制には問題ない(中村競技長)”と自信をもっていえるほどのものなのか。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm945670

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

PC版サイトを見る機能をオンにする方法が分からない人はここをタップ

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック