News 2012年10月18日 ピーチ 関空-那覇線就航 自走式スポット運用開始

News 2012年10月18日 ピーチ 関空-那覇線就航 自走式スポット運用開始

2012年10月18日、ピーチ・アビエイションは、、国内線5路線目となる 関西-那覇線の運航を開始しました。関西-那覇線は、1日2往復の運航を開始し、2013年1月21日より 1日3往復に増便する予定です。第一便のMM215便は、13時29分、関西国際空港を出発しました。関西国際空港の第二ターミナルは、2012年10月28日より、LCC専用ターミナルとして運用が開始されますが、この日、ピーチが1日2便 自走式スポットの暫定運用を開始し、報道陣に公開しました。 第二ターミナルは、LCC専用ターミナルとして運用が開始されますが、1から設計・建設された 国内初の本格的LCC専用ターミナルビルです。LCC専用ターミナルは平屋建てで、利用者は、徒歩で飛行機へ向かい、タラップを使い搭乗します。このため、ボーディングブリッジの建設費や維持管理費・使用料が掛からず、ボーディング ブリッジを操作する人件費も削減できます。今回公開された自走式スポットでは、飛行機を押す、トーイングカーを使用する必要が有りません。自走式スポットでは、乗客が搭乗後、その場で飛行機のエンジンをスタートさせ、スポットをユーターンし滑走路へと向かいます。この事により、トーイングカーの設備投資や運用コストの削減ができる他、タイムリーに飛行機の出発が可能となり、使用機材を効率的に運用するピーチにとって高稼働が可能となる最適なスポットです。この日、166名の乗客を乗せた、那覇行きの初便は、13時22分に飛行機のドアがクローズされ、4分後に、出発準備を整えた飛行機のエンジンがスタート。その3分後には、那覇へ向け出発しました。

http://www.nicovideo.jp/watch/so19191623

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック