アルカン - 独奏ピアノのための交響曲 第4楽章

アルカン - 独奏ピアノのための交響曲 第4楽章

ショパンの友人だったマイナーな作曲家、アルカンの作品です。短調による12の練習曲 op.39から第7番、独奏ピアノのための交響曲第4楽章です。アルカンといえば「鉄道 op.27」が有名ですが、他に知られている作品は多くありません。あまりにもその作品が難しすぎて埋もれてしまった作曲家、と言えるでしょう。最近はそんなアルカンの作品も数々のヴィルトゥオーソたちによって演奏され、いい作品が発掘されてます。この演奏者は不明ですが(外国の音大生とかそんなかんじの人?)プロではないと思います。※Youtube拾い物です

http://www.nicovideo.jp/watch/sm877185

iPhoneで再生出来ない場合はここをタップした後にデスクトップ用サイトを表示

パソコンで再生が出来ない場合はここをクリックした後に[別窓]をクリック